top>>数学の要点 >>代入・式の値(1年)
Mathematics Website
menu

代入・式の値(1年)

式のなかの文字を数字に置き換えることを代入という。また、代入して計算した結果を式の値という。
【例】 x=2のとき、 x2+5x−8の値を求める。
x2+5x−8=x×x+5×x−8 =2×2+5×2−8 =4+10−8 =6 省略してある×や÷の記号を使って表わす。
xのところに2をいれる
計算する

【確認】x=5のときの次のそれぞれの式の値を求めよ。
19−3x 4 x2+4x−9 36

xが負の数の場合、(  )をつけて代入する。
【例】 x=–3のとき、x2−2x+8の値を求める。
x2−2x+8 = x×x−2×x+8 = (−3)×(−3)−2×(−3)+8 = 23

【確認】 x=–5のときの次のそれぞれの式の値を求めよ。
19−3x 34 x2+4x−9 −4

累乗 【例】 x=6のとき次の式の値をそれぞれ求める。
−x2 = −x×x = −6×6 = −36 ②  (−x)2 = (−x)×(−x) = (−6)×(−6) = 36

【確認】 x=−2のときの次のそれぞれの式の値を求めよ。
① –x2 −4 ② (–x)24
割り算 割り算は逆数の掛け算にする。
【例】 x= 8 3 のとき次の式の値をそれぞれ求める。

x 4 = x÷4 = 1 4 = 8 3 × 1 4 = 2 3

24 x = 24÷x = 24÷ 8 3 = 24× 3 8 =9
【確認】 x= 2 5 のときの次のそれぞれの式の値を求めよ。
   x 9 2 45    12 x   30

練習 代入 ≫ 例題 代入 ≫

NEXT

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

目次

 
© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved