top>>例題 >>式による説明4
Mathematics Website
menu

式による説明4

3で割ると1余る数と、3で割ると2余る数の和をAとする。 Aは3の倍数となることを説明せよ。

(割られる数) = (割る数) × 商 + あまり

n,mを整数とする。3で割ると1余る数は3n+1、 3で割ると2余る数は3m+2となる。
A=(3n+1)+(3m+2) =3n+3m+3 =3(n+m+1)
n, mが整数なので(n+m+1)も整数となり、3(n+m+1)は3の倍数である。
よってAは3の倍数となる。

【練習】

4で割ると3余る数をP、4で割ると1余る数をQとする。 nを整数として、Pをnを使って表わせ。
P=4n+3
mを整数としてQをmを使って表わせ。
Q=4m+1
P+Qが4の倍数となることを説明せよ。 nを整数とするとP=4n+3, mを整数とするとQ=4m+1となる。
P+Q=(4n+3)+(4m+1) =4n+4m+4 =4(n+m+1)
n,mは整数なので(n+m+1)も整数となり、4(n+m+1)は4の倍数である。
よってP+Qは4の倍数となる。

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

iphone用
android用
iphone用
android用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved