top>>数学の問題プリント >>平行四辺形になるための証明1
Mathematics Website
menu

平行四辺形になるための証明1

1. 次の問いに答えよ

(1) 図のようにAD//BCの台形ABCDがある。 辺ABの中点をEとしてDEの延長線とCBの延長線の交点をFとする。このとき四角形AFBDが平行四辺形となることを証明せよ。

(2) 図で、△ABCの辺AB上に点Dがあり、 辺ACの中点をMとする。DMの延長上にDM=EMとなる点Eを取る。このとき四角形ADCEは平行四辺形となることを証明せよ。

(3) ABCDで∠ABE=∠CDFのとき四角形EBFDが平行四辺形になること証明せよ。

(4) 図のABCDで∠BAE=∠DCFのとき四角形AECFが平行四辺形となることを証明せよ。

1.

(1)
△AEDと△BEFにおいて
AE=BE(EはABの中点)
∠AED=∠BEF(対頂角)
∠DAE=∠FBE(AD//BCの錯角)
よって1組の辺とその両端の角がそれぞれ等しいので△AED≡△BEF
合同な図形の対応する辺は等しいのでAD=BF
AD//BC(仮定)よりAD//FB
よって一組の対辺が平行でその長さが等しいので四角形AFBDは平行四辺形となる。 
(2)
四角形ADCEにおいて
AM=CM(MはACの中点)
DM=EM(仮定)
よって対角線がそれぞれの中点で交わるので四角形ADCEは平行四辺形になる。
(3)
△ABEと△CDFにおいて
AB=CD(ABCDの対辺)
∠ABE=∠CDF(仮定)
∠BAE=∠DCF(ABCDの対角)
よって1組の辺とその両端の角がそれぞれ等しいので△ABE≡△CDF
対応する辺は等しいのでAE=CF AD=CB(ABCDの対辺)
ED=AD-AE , FB=CB-CF
よってED=FB・・・①
AD//CB(ABCDの対辺)より ED//FB・・・②
①、②より一組の対辺が平行でその長さが等しいので四角形EBFDは平行四辺形となる。
(4)  
△ABEと△CDFにおいて
AB=CD(平行四辺形の対辺)
∠ABE=∠CDF(平行線の錯角)
∠BAE=∠DCF(仮定)
よって1組の辺とその両端の角がそれぞれ等しいので△ABE≡△CDF
対応する辺は等しいのでAE=CF・・・①
対応する角は等しいので∠AEB=∠CFD・・・②
∠AEF=180-∠AEB・・・③
∠CFE=180-∠CFD・・・④
②、③、④より∠AEF=CFE
錯角が等しいのでAE//CF・・・⑤
①、⑤より一組の対辺が平行でその長さが等しいので四角形AECFは平行四辺形となる。

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

iphone用
android用
iphone用
android用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved