top>>数学の問題プリント >>合同の証明2
Mathematics Website
menu

合同の証明2

1. 右の図でBDは∠ADCの二等分線で、AD=BD、∠CAD=∠CBDである。
 このとき△AED≡△BCDとなることを証明しなさい。

2. 図で点Dは辺ABの中点で、DF//BC、DF=BEとなって
いる。このとき△ADF≡△DBEを証明せよ。

3. 図でDF//BC, DE//ACである。
 このとき△FEC≡△EFDを証明せよ。

4. 右の図でAB//CF, GD//BF,AG=CFのとき
 △ADG≡△CEFとなることを証明しなさい。

解説ページに解説がない問題で、解説をご希望の場合はリクエストを送信してください。  解説リクエスト
解説リクエストフォーム
問題名:
問題番号:
mail:
コメント:

△AEDと△BCDにおいて
AD=BD(仮定)
∠EAD=∠CBD(仮定)
∠ADE=∠BDC(BDは∠ADCの二等分線)
よって1組の辺とその両端の角がそれぞれ等しいので
△AED≡△BCD

△ADFと△DBEにおいて
AD=DB(DはABの中点)
∠ADF=∠DBE(平行線の同位角は等しい)
DF=BE(仮定より)
よって2組の辺とその間の角がそれぞれ等しいので
△ADF≡△DBE

△FECと△EFDにおいて
∠DFE=∠CEF(平行線の錯角)
∠DEF=∠CFE(平行線の錯角)
EF=FE(共通)
よって1組の辺とその両端の角がそれぞれ等しいので
△FEC≡△EFD

△ADGと△CEFにおいて
∠CFE=∠ABE (平行線の錯角)・・・①
∠ABE=∠AGD (平行線の同位角)・・・②
①、②より∠AGD=∠CFE・・・③
AG=CF (仮定)・・・④
∠GAD=∠FCE(平行線の錯角)・・・⑤
③、④、⑤より1組の辺とその両端の角がそれぞれ等しいので
△ADG≡△CEF

学習アプリ

中1 計算問題アプリ 正負の数
中1数学の正負の数の計算問題 加法減法乗法除法、累乗、四則計算

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2019 SyuwaGakuin All Rights Reserved