Mathematics Website

数直線上の数字

0 1 2 3 -1 -2 -3 原点
数直線の0の点を原点という。
数直線では原点より右側が正の数、左側が負の数となる。
そして右に行くほど大きい数で、左に行くほど小さい数になる。

数直線上の点A〜Gの表す数を下の数字のなかから選べ。
0+1+2+3-1-2-3ABCDEFG -4, -3, -52, -2.3, -32, -1.8, -1.1, -0.9, +13, +0.7, +1.5, +2.8, +3.2, +3.6, +4.4
(1), (2)ともに1目盛りが0.5になっている。
Aはちょうど-3の目盛りのところなので -3
Bは-2より左, -2.5より右なので -2.3
Cは-1より少し右なので -0.9
Dは0より右で+0.5より左なので +13
Eはちょうど+1より1目盛り右なので +1.5
Fは+3より少し左なので+2.8
Gは+3より1目盛りより右なので+3.6

【練習】

数直線上の点①〜④の表す数を答えよ。
0+1+2+3-1-2-3
-3 -0.5 +2 +3.5

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

学習アプリ

中2 連立方程式 計算問題アプリ
連立の計算問題 基礎から標準問題までの練習問題と、例題による解き方の説明

© 2006- 2022 SyuwaGakuin All Rights Reserved