top>>数学の問題プリント >>1次関数応用問題(動点)
Mathematics Website
menu

1次関数応用問題(動点)

点Pは長方形ABCDの頂点Aを出発して毎秒2cmでA→B→C→Dと進む。出発してからx秒後の△APDの面積をycm2とする。

x秒間でPは何cm進むか。

図1のように点Pが辺AB上にいるとき A B C D 10cm 8cm P 図1
xの変域を求めよ。 △APDでADを底辺として考えるとき
ア) 底辺の長さを求めよ。
イ) 高さをxの式で表せ。
△APDの面積yをxの式で表せ。

図2のように点Pが辺BC上にいるとき 図2 P
xの変域を求めよ。 △APDでADを底辺として考えるとき
ア) 底辺の長さを求めよ。
イ) 高さを求めよ。
△APDの面積yを求めよ。

図3のように点Pが辺CD上にいるとき 図3 P
xの変域を求めよ。 出発からx秒間でPが進んだ道のりをxの式で表せ。 PDの長さをxの式で表せ。 △APDの面積yをxの式で表せ。

x=4のときのyの値を求めよ。

x=9のときのyの値を求めよ。

グラフをかけ

0 20 40 5 10 x y (秒) (cm ) 2


2x 0≦x≦4 ア) 10cm  イ) 2xcm y=10x 4≦x≦9 ア) 10cm  イ) 8cm y=40 9≦x≦13 2x 26-2x y=-10x+130 40 40

学習アプリ

中2 連立方程式 計算問題アプリ
連立の計算問題 基礎から標準問題までの練習問題と、例題による解き方の説明

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved