top>>例題 >>連立方程式 速さ2
Mathematics Website
menu

連立方程式 速さ2

A町からB町まで180kmある。高速道路と一般道路をつかって車で3時間30分かかった。高速道路では80km/h、一般道路では30km/hで走ったとする。高速道路と一般道路それぞれを走っていた時間を求めよ。 求めるものは時間なので、
高速道路を走っていたのがx時間、
一般道路を走っていたのがy時間とする。  »時間
速さは高速道路が80km/h、
一般道路が30km/hである。 »速さ
道のり = 速さ×時間なので
高速道路の道のりは 80x, 一般道路は30yとなる。 »道のり
 高速道路一般道路 速さ8030 道のり80x30y合計180km 時間xy合計 7 2 時間

問題文中から数量の関係をぬきだすと
道のりの関係が「A町からB町まで180km」  »道のりの合計180km
時間の関係が「高速道路と一般道路をつかって車で3時間30分」 3時間30分の単位を時間になおすと 7 2 時間   »合計 7 2 時間
道のりの関係と時間の関係からそれぞれ式をつくる  »式
式 
{ x+y=72 80x+30y=180

これを解くと x = 32 , y=2
よって答 高速道路1時間30分、一般道路2時間

【練習】

A町から22km離れたB町までバスと徒歩で行った。全部で1時間5分かかった。
バスの速さは毎分500m, 徒歩は毎分80mで常に一定だった。
バスの待ち時間などは無いものとして、バスに乗っていた時間と歩いていた時間をそれぞれ求めよ。
バスに乗っていた時間をx分、歩いていた時間をy分とする。
{x+y=65500x+80y=22000
【答】バス40分、歩き25分
家から10分歩いてバス停までいき、そこからバスに1時間12分乗ってとなり町のバス停で降りた。そのバス停から14分歩いて野球場についた。歩きとバスの道のりの合計は40kmで、歩きもバスも常に一定の速度でバスの速さは歩きの速さのちょうど8倍だった。 歩く速さとバスの速さはそれぞれ何km/hか求めよ。
バスの速さをxkm/h、歩く速さをykm/hとする。
{x=8y7260x+ 2460 y=40
【答】バス32km/h、歩き4km/h

学習アプリ

中1 方程式 文章題アプリ
中1数学の方程式文章題を例題と練習問題で徹底的に練習

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved