top>>数学の要点 >>連立方程式文章題(割合)
Mathematics Website
menu

連立方程式文章題(割合)

1年範囲
正の数・負の数
正負の加法、減法
加法、減法の混ざった計算
正負の数の乗法、除法、累乗
四則計算、分配法則
文字式の表し方
代入・式の値
文字式の計算
方程式の解き方(等式の性質)
移項を用いた方程式の解き方
いろいろな方程式
比例式
方程式文章題(買い物)
方程式文章題(速さ1)
関数
比例
反比例
座標
比例のグラフ
反比例のグラフ
図形(用語と記号)
図形の移動
作図1
作図2
作図3
円とおうぎ形
おうぎ形の弧、面積
平面や直線の位置関係
立体の体積
立体の表面積
度数の分布
範囲と代表値
近似値
2年範囲
式の計算(加法減法)
式の計算(乗法除法)
式の値・代入
式の説明準備
式による説明
等式の変形
連立方程式
いろいろな連立方程式
連立方程式(小数・分数)
連立方程式の文章題1
連立文章題 速さ
連立文章題 速さ2
連立文章題 割合
1次関数とは
1次関数2 変化の割合
1次関数3 式の出し方
1次関数4 変域
直線の式、平行、交点
1次関数の応用(動点)
角度(準備)
平行線の錯角と同位角
内角の和、外角の和
合同条件
合同の証明
二等辺三角形
直角三角形
平行四辺形
平行と面積
確率1
3年範囲
式の展開
因数分解1
因数分解2
因数分解3
素数・素因数分解
平方根
平方根の大小
平方根の計算1
平方根の計算2
2次方程式(平方根)
2次方程式(因数分解)
2次方程式(解の公式)
2乗に比例する関数1
2乗に比例する関数2
2乗に比例する関数3
相似基礎
相似証明1
相似と面積比・体積比
円周角1
円周角2
三平方の定理
三平方の定理_平面での利用
特別な直角三角形
三平方の定理_立体での利用

割合

割合とは、全体に対する比率のこと。分数やパーセント(%)、割であらわす。
計算する場合には%や割も分数にする。(小数でも表せるが、計算間違いしやすいため)

 1% →  1 100 、   1割 →  1 10

例 
3% → 3 100 、 x% → x 100 、 3割 → 3 10 、 y割 → y 10

割合には、割合のもとになる数(全体)が必ずある。
「12の 1 3 は4である」といった場合、12が割合のもとになる数である。
「12の 1 3 は4である」を式にすると12× 1 3 =4となる。このように割合はもとの数に掛け算する。


300の5% → 300× 5 100 = 15 400の3割 → 400× 3 10 = 120 xの7% → x× 7 100 = 7 100 x aの9割 → a× 9 10 = 9 10 a 500のy% → 500× y 100 =5y 700のc割 → 700× c 10 =70c

問題
次の数を計算で求めよ。
150の4% 240の1割 pの7割 600のk%

【答】 ①150× 4 100 =6   ②240× 1 10 = 24   ③p× 7 10 = 7 10 p   ④600× k 100 = 6k


例題1

男女合わせて31人のクラスがある。このクラスで自転車通学の生徒は男子の4割と女子の5割のあわせて14人である。 このクラスの男子と女子の人数をそれぞれ求めよ。
このクラスの男子をx人、女子をy人とする。
自転車男子は男子全体の4割なので x×4 10 = 2 5 x
自転車女子は女子全体の5割なので y×5 10 = y 2
数量の関係は男子+女子=全体、これをクラスの男女、自転車の男女にあてはめると
{ x+y = 31 2 5 x + y 2 = 14
となる。これを解いてx=15,y=16
答男子15人、女子16人

割合の増減

「600円の1割」は600× 1 10 =60で60円である。
「600円の1割引」といったら600-60=540で540円となる。
つまり「600円の1割引」は「600円から、600円の1割を引く」計算である。

yの7%引き → 「yからyの7%を引く」 y - 7 100 y = 93 100 y  4000のa%引き → 「4000から4000のa%を引く」 4000 - 4000 × a 100 = 4000 - 40a

増加する場合は「引く」ところを「たす」にすればよい。
xの9%増 → 「xにxの9%をたす」 x + 9 100 x = 109 100 x 3000のb%増 → 「3000に3000のb%をたす」 3000 + 3000 × b 100 = 3000 + 30b

問題
次の数を求めよ。
500の17%減 xの19%引 200のa%増

【答】①415 ② 81 100 x ③200+2a

例題2

昨年の生徒数が380人で、今年は去年に比べて男子が3%減少し、女子が5%増加したので全体としては3人増加し383人 になった。今年の男子と女子の人数を求めよ。
求めるものは今年でも割合のもとになる数が昨年なので 昨年の男子をx人、昨年の女子をy人とする。
今年の男子は昨年の3%減なので x- 3 100 x = 97 100 x
今年の女子は昨年の5%増なので y + 5 100 y = 105 100 y
 男子女子全体 昨年xy380 今年 97 100 x 105 100 y 383
数量の関係は男子+女子=全体なので、これを昨年と今年に当てはめて
{ x+y = 380 97 100 x+ 105 100 y = 383
これを解くと x=200, y=180 これは昨年の男女なので、今年を計算すると
男子200× 97 100 = 194 女子180× 105 100 = 189
答 男子194人、女子189人

今年を求める場合でも、割合のもとになる数の昨年をx,yにする
答えるときも要注意。

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved